Behavoxは通信データの質に関わらず、独自の分析能力を発揮します。

ニューヨーク– 2020年10月27日 – 企業が巨額の規制上の罰金や企業危機を引き起こす前に不正行為を捕らえる、世界で唯一のAIデータ操作プラットフォームを提供するビヘイボックスは本日、NASAのアポロ11号ミッションの50年前の非構造化音声データを、最先端の音声検出技術を用いて解釈することに成功したことを発表しました。

ビヘイボックスはこの分析を実施し、音声認識と音声処理ソリューションが、質の悪さ、粒状性、消音性に関わらず、あらゆる通信データをシームレスに分析することに適していることを実証しました。また、それによってビヘイボックスは、金融や企業ビジネスの世界を分析するためのツールのテストやトレーニングに使用されてきたものとは全く異なる環境で、機械学習アルゴリズムの精度を検証することができました。

ビヘイボックスの音声チームは、テキサス大学ダラス校のロバストスピーチセンター(Center for Robust Speech Systems)のアポロ11号ミッションの19,000時間分の生アナログ音声を参加者に提供したFearless Steps Challengeで複数のカテゴリーで競合他社を抑えて上位にランクインしました。大規模な研究、テスト、実験を経て、ビヘイボックスは録音から1,000時間分の音声データを抽出し、音の切れ目、無音、バックグラウンドノイズ、歪んだ音声を除去することに成功しました。ビヘイボックスは、アポロ11号のデータには同社のソリューションが多様で多国籍な顧客ベースの音声データを分析するのと同じチャンネルの歪み、間違った文法、非公式な言語の使用が含まれていることを発見しました。

「ビヘイボックスの音声チームがこれらの歴史的な録音物を使って当社の技術のテストをし、成功を収めたことは、当社の音声認識と音声処理ソリューションの強さとレジリエンスを証明しています。」ビヘイボックスのチーフデータサイエンティスト、アレキサンダー・グラスマン(Alexander Glasman)は述べ、次のように語りました。「宇宙飛行士と地球上のオペレーションチームの対話と、金融取引を実行するために急いでいる慌ただしいトレーダー間のコミュニケーション、あるいは忙しいZoomミーティングにおけるコミュニケーションの類似性は、驚くほどよく似ています。これだけ私たちが投資してきた技術が、地球上だけでなく宇宙でも機能することを嬉しく思います。」

分析結果の中で最も注目すべき点は、1,000時間の音声を手動で書き写すのには約4,000時間かかるのに対し、ビヘイボックス社の音声認識技術はわずか10時間かかったことです。

ビヘイボックスのFearless Steps Challengeへの参加は、急成長を遂げているAI企業の最新動向の一つに過ぎません。先週、同社は日本と北欧でのグローバル展開を拡大し、ダンスケ銀行がビヘイボックスのソリューションの導入に成功したことを発表しました。先月、マイクロソフト(NASDAQ: MSFT)のベテラン、ガガン・グラティ(Gagan Gulati)をビヘイボックス初の最高製品責任者に任命したことを発表し、今夏上旬には、ケベック州モントリオールでエンジニアリング、データサイエンス、製品開発チームを継続的に雇用するための長期リース契約を締結し、事業展開を拡大しました。

本日のアポロ11号に関する発表内容の詳細は以下をご覧ください。
● ビヘイボックスブログを読む: 「ビヘイボックスにとっては小さい一歩だが、お客様にとっては偉大な飛躍である。」
● ビヘイボックスのインフォグラフィックを読んでダウンロードする: アポロ11号チャレンジの概要
● ビヘイボックスのインフォグラフィックを読んでダウンロードする:アポロ11号チャレンジからの興味深い11の数字
● ビヘイボックスのインフォグラフィックを読んでダウンロードする:アポロ11号ミッションからの名言11選

現在の求人情報の検索はこちらをご覧ください。
ビヘイボックス最新の発表と報道についてはこちらをご覧ください。
ビヘイボックスブログで最新の業界動向をお読みください